振り飛車で初段目指すってよ

万年級位者が振り飛車で初段を目指しています。勉強の記録や対局内容の備忘録としています。

49日目

本日の勉強内容

 

寄せの手筋

『3手詰ハンドブックⅡ』

No.1〜28

 

■棋書

『角交換四間飛車を指しこなす本』

第3章「7筋での動き」読了。

 

ポイント

・△7四歩には▲6六銀と出て7筋から動いていく

・7筋で一歩を持つことは立派な「攻め」。特に▲7二歩と垂らして相手の飛車を動かす手筋は必修の手筋

・▲7五歩△同歩▲同銀の攻め。銀が5段目に出たら▲7四歩と抑えて拠点を確保する。

・▲7五歩に△同歩と応じてこない場合は、▲7四歩△同銀▲7八飛と銀取りに当てる。

→銀の立て直しが急所。ポイントをあげたらじっくりいく。

・▲7五歩と攻めるときは相手の陣形をよく確認する。△6二銀型と△6三銀型では守備力がまるで違う。

・▲7五歩と動けないからといって、安易に▲7七桂と跳ねるのは控える。僅かな条件の差で▲7五歩の仕掛けが復活することがあるが、▲7七桂と跳ねるとそれが難しくなる。

 

 

棋譜並べ

升田幸三 振り飛車の真髄』

第18局 

 

本日の対局

1戦1勝

 

棋戦:将棋クエス

対戦者:☖3級(1204)

戦型:四間飛車

結果:勝ち(詰み)

R1366→1370

 

四間飛車相手に大駒一気に捌いて、しっかり寄せの形作って快勝!と思いきや。

うーん。相手が咎めて来なかっただけで結構な悪手がありました。勝てたのは運が良かっただけのようです。精進ですね。