振り飛車で初段目指すってよ

万年級位者が振り飛車で初段を目指しています。勉強の記録や対局内容の備忘録としています。

51日目

本日の勉強内容

 

寄せの手筋

『3手詰ハンドブックⅡ』

No.61〜84

 

■棋書

『角交換四間飛車を指しこなす本』

第4章「腰掛け銀との戦い」読了。

 

・△6三銀型に対して、▲8六歩△同歩▲同銀の攻めは基本的に成立しない

→一旦駒組みを進めるのが正解。高美濃に組み替え、玉頭戦を意識する

・腰掛け銀に銀交換を狙う指し方は有力

居飛車側が穴熊まで組んだ場合、駒のぶつかる展開は居飛車側の望んでいること。▲6六銀と出る前に銀冠に組み換える。

→銀冠に組んだ後は、5筋の位を取る戦いに。

 

・▲6九金型で戦うのも有力。△6三銀が間に合わないタイミングで▲8六歩を突けるかどうかが判断基準。△7四銀なら▲6六銀と動くことができ、それ以外の手なら▲5八金左で待つことができる。

・▲6九金型の場合、仕掛けが一手早いことに加え、6筋からの攻めも可能。棒銀を警戒して早めに△6四歩と突いて来た場合、そのまま四間飛車で戦うのも有力。

 

 

 

本日の対局

1戦1勝

 

棋戦:将棋クエス

対戦者:☗10級(1007)

戦型:角交換振り飛車

結果:勝ち(投了)

R13763→1364

 

△4一金型から四間飛車で戦いました。一方的に龍、馬を作って勝ちに。

また頑張ります。